学校・教育施設

大阪成蹊女子高等学校 美術科専用校舎(美術棟)

大阪市東淀川区にある学校法人大阪成蹊学園・大阪成蹊女子高等学校様の美術科専用校舎「美術棟」の建替工事を2018年に行いました。こちらの学校では普通科の他に美術科があり、この度建替えを行った美術棟は4階建で、工芸、素描、陶芸、イラストレーションなど専門学科ならではの芸術系科目が豊富に学習できる美術科専門校舎です。全教室に最新の機器を揃え、複数の実習室や工芸室・陶芸窯まで揃った充実した環境で、美術や創作活動に打ち込みながら、感性・可能性を伸ばす作品づくりに打ち込むことができます。

INFORMATION

所在地
大阪府東淀川市
構造
鉄骨造4階建
竣工
2018年3月
用途
学校(高等学校)
延床面積
2055.76m2
備考

空間の有効活用で、
多機能さを合わせ持つ、
「展示スペース」を備えた建物に。

大阪成蹊女子高等学校様は、大阪成蹊大学様と同じ敷地内に建っており、美術棟の建替えには敷地の形に制限がありました。限られたスペースを最大限に活かすため、デッドが生じる空間には生徒さんの作品を展示できるスペースとして利用しました。また、各階ホールをはじめ、階段や踊り場には立体的な作品や絵画作品を掲示できる仕様とし、大きな絵なども掲示できるように配慮しました。

洗い場を各フロアーの真ん中に設置することで、利便性がアップ。

美術棟の2階から4階には教室や実習室を設けています。こちらにはデッサン室をはじめ、工芸室、PC制作ルームなどを備えています。美術科には必要不可欠である水回りをあえてフロアーのセンターに配することで、どの教室からもアクセスしやすくなるよう設計しました。また、無機質になりがちな廊下にもピンクの差し色を引き、女子校らしさを演出。1階の食堂とも配色を合わせました。

資料請求はこちら