学校・教育施設

大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学 図書館棟7階音楽ホール

大阪市東淀川区にある学校法人大阪成蹊学園・大阪成蹊大学様の「図書館7階ホール」の改修工事を行いました。このホールは昭和55年に建物が完成して以来、学生オリエンテーション等で使用されてきました。しかし、内装や設備の老朽化が目立つようになったため、次代を担う、明るいイメージの多目的ホールへのリニューアルを行いました。新しいホールは約500名収容でき、世界最高級のベーゼンドルファー社のピアノも備え、クリスマスコンサートなど学内の様々な行事に使用されています。

INFORMATION

所在地
大阪府東淀川市
構造
竣工
2013年4月
用途
延床面積
備考

感性を育てる、
コンサートピアノと
音響設備を備えたホール

大阪成蹊大学様・大阪成蹊短期大学様では、113台のピアノと88の練習室を備えるなど、音楽教育にも力を入れられています。改修したホールには木を使用していますので、以前より音が響くようになり、音楽ホールとしての活用の幅も大きく広げることができました。「豊かな音楽表現活動」を実践できる人の養成を重要視し、ピアノの演奏技術の習得を全学的にサポートするなど、一層充実したピアノ教育を進めたいという学校様の要望にお応えできるつくりとなっています。

様々なシーンに合わせて使用できる多機能設計。

ピアノの音を最大限に生かすために、ステージの形状や壁に取り付けた複数の調音パネルなど、設備面でも様々な工夫を行いました。また、音楽ホールの機能以外にも、様々な用途に対応できるよう、使いやすい多目的ホールの設計を試みました。舞台に張り出して花道を設置できるよう、取り外しができる可動式の座席を設けたり、照明器具や空調設備は環境に配慮した節電効果の高い機器を採用しました。LED照明によりホール全体が明るくなり、空調効率の良さも実感いただける設計となっています。

資料請求はこちら