たくしん会腎透析クリニック

治療法によっては、時間的な拘束が必要となる透析。そのため透析室には多数のベッドが並びます。こうした治療の独自性をふまえ、透析室はできる限り柱をなくした構造で施工を行いました。関係者と対話を重ねる姿勢によって、建物の用途と患者に配慮した設計が生まれます。

医療従事者にとっても 患者にとっても 過ごしやすい空間を

柱を極限まで排除した透析室にベッドが並べられた様子。視界が見渡せる大空間で、使いやすさと居心地の良さを両立しています。

エントランスホールには、曲線を描いたカウンターを配置。足元を照らす柔らかい照明と温かい木目調のカラーで、利用者を優しく迎え入れます。

デザイン性や快適性にもこだわりを

待合室は、治療を待つ患者さんやご家族がリラックスできるよう、ホワイトと木目をベースとしたナチュラルな空間に仕上げました。

夜間はクリニックのロゴが明るく浮かび上がり、ゆるやかな傾斜のスロープから漏れる灯りがあたたかい雰囲気を演出しています。



資料請求はコチラ

なかじま整形外科

周辺住宅にも調和する2棟の木造クリニックと同敷地に共同利用の駐車場を配置。小規模な医療モールを展開する、診療科目のテナントミックス効果により相乗効果も得られる。リウマチと似た症状を持つ疾患(変形性関節症等)を正確に鑑別し、症状を多角的に分析して患者に応じた治療を提案する。

  



資料請求はコチラ