たくしん会腎透析クリニック

治療法によっては、時間的な拘束が必要となる透析。そのため透析室には多数のベッドが並びます。こうした治療の独自性をふまえ、透析室はできる限り柱をなくした構造で施工を行いました。関係者と対話を重ねる姿勢によって、建物の用途と患者に配慮した設計が生まれます。

医療従事者にとっても 患者にとっても 過ごしやすい空間を

柱を極限まで排除した透析室にベッドが並べられた様子。視界が見渡せる大空間で、使いやすさと居心地の良さを両立しています。

エントランスホールには、曲線を描いたカウンターを配置。足元を照らす柔らかい照明と温かい木目調のカラーで、利用者を優しく迎え入れます。

デザイン性や快適性にもこだわりを

待合室は、治療を待つ患者さんやご家族がリラックスできるよう、ホワイトと木目をベースとしたナチュラルな空間に仕上げました。

夜間はクリニックのロゴが明るく浮かび上がり、ゆるやかな傾斜のスロープから漏れる灯りがあたたかい雰囲気を演出しています。



資料請求はコチラ

Dias(ディアス)Ⅲ

戸建住宅の販売、不動産事業を手がけるお客様と用途や地域性、管理計画など対話を重ね、プロジェクトがスタート。外観はホテルのようなシックで洗練された印象に。夜間はライトに照らされた植栽の影が、優しく温かい輪郭となって建物に彩りを添えます。エントランスはセキュリティ面も安心の仕様です。

シンプルモダンな共有空間

ホワイトと濃いめのグレーでまとめられた、シンプルモダンな印象の外観。1Fはテナント入居可能で、地域ににぎわいももたらします。

共用部のエントランスは落ち着いたブラウンの壁が特徴的。余裕を持った通路幅で、毎日の生活も快適に。

シンプルモダンな共有空間

白を基調とした居室空間は、住まい手の居心地と使い勝手の良さを考えてプランニング。収納もたっぷりと設けました。

ポイントとなるデザインウォールで変化をつけた居室も。住まい手に選ぶ楽しさを感じていただくことができます。



資料請求はコチラ